ホーム > PRODUCT > カーテンについて - カーテン生地の種類

カーテンについて - カーテン生地の種類

ジャカード織 織物の模様に応じて穴を開けた紋紙と針の動きにより、ドビー織より複雑な地模様や大きな柄を表現した織物。
ドビー織 ジャカードより少ない変化の組織をドビーという開口装置を使用し織った織物。
プリント(捺染) 一般的に生地に染料または顔料を用いて、柄を染めたもの。顔料とは染料が水溶性に対して、水や油に溶けない色素のことです。(糊料を固着材としてプリントされます。)

その他のプリントの一例

  1. 転写プリント  

    転写紙を生地に重ね合わせて熱を加えてプリントしたもの。

  2. オパールプリント

    2種類の繊維(耐酸性繊維と植物性繊維)で織った生地を、酸化剤を使って柄を抜いてプリントしたもの。通常2種類の繊維とはポリエステルと、綿やレーヨンが多い。
    当社は特殊なポリエステル糸を使用したポリエステル100%のオパールプリント商品もございます。

  3. フロッキープリント

    生地に接着剤を塗布し、静電気を帯電させて繊維の毛羽を垂直に接着し、部分的に柄を作って植毛したもの。

ベルベット 短めの毛羽で覆われており、光沢が美しい織物。大変ドレッシーで豪華な雰囲気がある。
ボイル 経・緯糸に強い撚り糸を使って平織りにしたレース。
レースとして使用すると、光の乱反射によって室内が比較的見えにくい特性を持っている。手触りはさらさらとしている。
オーガンジー 経・緯糸に分繊糸を使って平織りにしたレース。
硬い手触りと光沢のある仕上げが特徴。
ケースメント ドレープとレースの中間にあり、粗い織り目のカーテン。
ドレープの遮断性や重圧感またレースの透過性の両方をあわせ持つことが特徴。
ブラックアウト
(遮光カーテン)
遮光率99.4%以上の遮光性を有するカーテン。
  • 利用規定
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ