ホーム > PRODUCT > カーテンについて - 繊維の特徴

カーテンについて - 繊維の特徴

繊維は大きく天然繊維と化学繊維に分けられ、化学繊維の中でもポリエステルを含む合成繊維が多く使われています。天然繊維の感覚的な良さと合成繊維の機能的な良さがそれぞれにあり、多くの場合、互いの欠点を補うように、共用して使われます。

天然繊維
綿 天然繊維の代表で、吸湿性に富み、風合いがよい。欠点は、色落ちなどの脱色、変色をおこしやすい。また、湿度により伸縮があり注意を要します。
吸湿、放湿性とも綿より優れており摩擦に強く、光沢がある。綿と同様の欠点をもっています。
天然繊維の内でもっとも細く強いもので、非常に上品な光沢があり発色性に優れています。欠点は、光に弱いため、カーテンに使用する場合は裏地の取り付けをおすすめします。また、しわになりやすい性質があります。
ウール 羊から採取される繊維。最近は広い意味で羊以外のキャメルやアルパカ、モヘアなどもウールと言われることがあります。保温性や弾力性、吸水性が優れています。虫に弱く縮みやすい性質を持っているので注意が必要です。吸水性があるため、高密度の織物は特に表面はさらっと状態を保つ事ができます。
化学繊維
レーヨン 大きくは化学繊維のうちに入るが、植物繊維からなる再生繊維。すぐれた染色性をもっており、ドレープ性がよい。欠点は、しわになりやすく湿度により伸縮があり、水洗いはできません。
ポリエステル 軽く、ほとんど水を吸わないため早く乾きます。洗濯による収縮が少ないため、カーテン地に使用される繊維の大半を占める。欠点は、静電気を起こしやすく汚れがつきやすい性質があります。
アクリル ウールに似た性質をもつ合成繊維。欠点は、熱に弱いためアイロンの温度に注意が必要です。柔らかくて軽く、染め上がりがよいですが、ポリエステル同様静電気を起こしやすい性質があります。
アクリル系 性質はアクリルに似ているが、難燃性が加わります。
アセテート 半合成繊維。絹のような光沢と、手触りがあります。強度は弱いので注意が必要です。
ポリウレタン ゴムのように伸びる弾性繊維。
ナイロン 合成繊維。合成繊維の中では強度が強く、摩擦には特に強い性質を持っています。熱に弱いことや黄変しやすいので注意が必要です。
ポリアミド プラスチックの仲間。引っ張りや圧縮、曲げ等に強い性質を持っています。吸水すると寸法が変化しやすいので注意が必要です。
  • 利用規定
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ