INHOUSE 2017
207/216

207表示マークについて防炎燃えにくい性質を備えています。   消防法施工規則に基づいた、日本防炎協会の試験合格品です。弊社の防炎加工は、全て非HBCD対応の防炎剤を使用していますので、安心してご使用いただけます。遮光遮光率99.40%以上を有するマークです。カーテン用生地に遮光性機能を持たせた商品です。遮光性能の高い順に1級~3級の3段階に分類しています。縫製方法や取り付け方により遮光性は変動しますので、室内の暗さを示すものではありません。縫製によるピンホール等の光が漏れる場合がありますので、ご了承ください。ウエーブ加工可能カーテンのプリーツを美しく保つウエーブ加工です。2種類の加工があります。 ■ソフトウエーブ加工(形態安定) ■ハードウエーブ加工(形状記憶)   ※詳細は、P.201をご参照願います。熱処理するため、適応の商品に限ります。ウエーブ加工した場合取り扱い絵表示が変わります。1.5倍仕様のウエーブ加工の場合、サイズによっては、カーテンを閉じた時に、中央部が開いてしまう危険性がございますので、2倍仕様をお奨めいたします。ソフトウエーブ加工は生地の特性に合わせて温度時間を調整しています。ウォッシャブル家庭用洗濯機で丸洗いができます。洗濯時にはトラブルを防ぐために、フックを外してください。※ウォッシャブルマークの縫製には、ポリエステル製芯地・縫製糸 のご使用をお願い致します。※商品ごとの洗濯方法は、家庭用品表示法に基づく、取り扱い絵表 示をご覧下さい。後防炎加工可能素材により後防炎加工が可能な商品に限ります。条件により、防炎ラベルが異なります。※適応商品については、P.210~214をご参照願います。レギュラーフラットハトメフレンチプレーンシェードシャープシェードバルーンシェードスカラップタイプⅠ・Ⅱ・Ⅳカフェベッドスプレッドクッションロールスクリーン上飾りストレートデザイン上飾りギャザー上飾りスワッグL型装飾フリル価格表掲載スタイルマーク■ レースカーテンのお取り扱いについて窓口対応スタイルマーク■ (一社)日本インテリアファブリックス協会統一マーク■五洋インテックス専用表示マーク等 級遮光率(JIS-L1055A法)照 度(受光部照度)照度に関する状態表現1級99.99%以上0ルクス超10ルクス以下人の表情が識別できないレベル2級99.80%以上99.99%未満10ルクス超200ルクス以下人の顔あるいは表情がわかるレベル3級99.40%以上99.80%未満200ルクス超600ルクス以下人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル遮光級数は、各配色生地の左下に入れてあります。ミラーレース生地裏面にブライト糸を使用することで、光をより効果的に反射させます。そのため、日中、屋外から室内を見えにくくする機能を持たせることが出来ます。防視認性能公的試験機関にて「防視認性(=カーテン越しの見えにくさ)」の試験を受け、独自の基準にて以下のように分類しています。5級:人の存在が分からない4級:人のシルエットが分かる3級:人のシルエットがはっきり分かる2級:個人の特定が出来る1級:人の表情が分かる※5級から2~3級に相当する場合は、見本帳各商品頁のミラー絵マークの下に等級数を表示しています。遮熱遮熱率25%以上(小数点第1位四捨五入)採光率0.6%以上のシアーカーテンです。遮熱性素材の評価方法として、一般財団法人・ カケン テストセンターのカケンレフランプ法を用いています。遮像昼も夜も屋外から室内を見えにくくする機能を持つ商品です。評価方法として、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターの遮像性試験QTEC法を用いて、昼夜それぞれの見えにくさを1~5級に分類しています。(5級が最も見えにくい。)後防炎加工可能ウォッシャブルオーガンジー等に代表される極細の分繊糸を使用した商品は、より日光の影響を受けやすい特徴を持っています。そのため、近年の地球温暖化により夏場の顕著な気温上昇が認められる環境下で、長時間日光にさらされますと、紫外線の影響により数年で繊維の強度低下による生地裂け等が発生する場合があります。これは素材の特性として、予めご理解ください。また紫外線以外にも、室内の暖房器具から出るガスやたばこの煙に含まれるニコチン、空気中のホコリ等の汚れがカーテンに付着したままの状態で長期間使用されますと、生地の劣化を早める原因となります。半年に一回程度のお洗濯をお奨めします。洗ったカーテンは日陰で吊り干ししてください。脱水・乾燥機の使用は生地の裂け・縮みの原因となりますのでお避けください。Information マーク説明ウエーブ加工可能ミラー防視認性能●級遮像昼 ●級夜 ●級

元のページ  ../index.html#207

このブックを見る